新入社員研修は社会人への一歩に|マナーぶ常識力

スーツ

会社の顔を育てる

仲間

営業は会社にとって欠かせない人員です。営業担当に対しての研修は大切な事ですが社内でそれをどうにかするとなると中々うまくいきません。個性が少なく均等的な指導をすることが求められますが、それは外部の会社に委託することが一番です。

詳細を確認する...

中堅社員のスキル向上

仕事

社内研修といえば新入社員だけのものが想像されがちですが、中堅社員を対象にした社内研修もあり、部下をもつような役職の社員が効率良く業務を行うためのスキルアップに効果的です。

詳細を確認する...

研修で大事な事

会社の事を教える

スーツ

新入社員研修では専門的な知識を教える事も大事になってきますが、それより前に行わなければならない事があります。それは会社の事を理解させると言う事になります。会社の事をしっかりと理解させる事ができなければ会社が考える人材になってくれる事は少ないでしょう。また会社でのマナーなども新入社員研修では教えなくてはなりません。新入社員の場合は経験が全くない状態で入ってくる人もいます。少しでも働いた経験があると言ってもアルバイト程度になってしまう事が多いので社会人としてのしっかりとしたマナーを叩きこむと言う事も必要な事になってきます。このような事を教えてからでなくては技術的な事、または専門的な事を教えても教えられた事を役立てる事が出来ない場合が多いです。

会社にしかないマナー

また会社独自のマナーを持っている場合もあります。新入社員研修ではそのマナーに関してしっかりと教えておかなくては会社の雰囲気を乱してしまうと言う事に繋がってしまいます。これは避けなくてはならない事になるので、一番最初に行っておかなくてはならない事になります。新人のうちは全く知識がないと感じる事もありますが、分野によっては好きで調べている人もいるので、新入社員研修前からある程度の知識を持っている人もいます。このような方がいる場合でも間違った知識になっていないかを確認しなくてはならないので、最初から研修に参加させるようにしましょう。参加した人も間違っていたと言う事に気づく事ができるのでより良い知識を身に付ける事が出来ます。

教育のタイプ

男女

社員教育としての研修制度は、主に座学研修とOJT研修に分かれます。座学研修は教室で講師の講義を中心に進められる研修です。また、OJT研修は実際に業務を行いながら学ぶ学習です。双方の研修制度には、異なるメリットが存在します。

詳細を確認する...